キノコバエとの戦い その後〈2〉

  • 2019.03.17 Sunday
  • 14:19
その後もキノコバエとの戦いは続いております…。

スプレー式の殺虫剤の限界を感じ、土の中の卵やサナギを撲滅させるための殺虫剤を買いにホームセンターに行きました。
土の中の虫の幼虫を退治する薬は意外に少ないことがわかり、少ない種類の殺虫剤の瓶各種を手に取り見ていたところ、ふと家の物置に数年前に買ったアリ退治のパウダー状の薬があったことを思い出しました!

家に帰って物置を調べてみると、ありました!
パウダー状の薬は、粉が舞って人の目に入ったりしそうな感じがして、どうも使う気にならなくて今まで買わなかったんですが、成分を見てみるとピレスロイド系、蚊取り線香の除虫菊と同じ系列の薬ということで、哺乳類には害が無いそうで、少し安心して使えそうです。魚類や爬虫類には有害なので、家でペットを飼っている人は注意が必要ですね。

通常の使い方だと広い範囲の土に直接散布する方法ですが、鉢の表面の面積が狭くまんべんなく散布するために、まず牛乳パックの中で水に薬品を入れ、溶けにくいので振って混ぜた状態で鉢の表面全体にかけました。その上から、更にパウダー状のまま土の表面全体にかけました。
粉が舞わないようにラップで覆って、玄関に1日置いてから、ラップを外して室内に置きました。

その後一週間、二週間と経ち、キノコバエの姿はピタッと見かけなくなりました。しかし、ある時一匹だけ飛んでいるのを見てしまったのです。そこで、パウダーの薬を再度散布、キノコバエが増えているのかを確認するためにまたハエトリシートを鉢に付けました。
すると、やはり数匹のキノコバエがハエトリシートに付いていました。

パウダーの薬のかかってない部分を生き延びて、出てくるのでしょうか…。もはや対策も尽きたと思いきや、ハエトリシート売り場で見かけた、蚊取り線香を使ってみることにしました。
蚊取り線香はケニアでもマラリア対策で毎日使っていたので使い慣れています。
煙の臭いは強烈ですが、コバエにも効く気がしました。

(次回に続く)

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM